地方創生カレッジの講座を担当


2016年9月20日

クリエイティブタウン推進機構は、本年度より開講する地方創生カレッジの講座を担当することとなり、同カレッジの事業者である公益社団法人日本生産性本部と契約を締結した。

地方創生カレッジは、地方創生に向けて専門人材を育成するため、インターネット上でだれでも専門家の講義を受けられる大学。受講者の中から観光戦略やまちづくりなど地域活性化策を主導できる人材を5年で500人以上認定する方針。平成27年12月25日に公表された「地方創生人材プラン」に基づき、公益財団法人日本生産性本部が補助事業者として採択された。

クリエイティブタウン推進機構は、クリエイティブタウン・シリーズとして「「まちのへそ」からはじまる地方創生」の総タイトルのもと、11講座を制作することを提案。本年度は、基礎編❶「なぜ、クリエイティブタウンか」(主講師:福川裕一)、基礎編❷「クリエイティブタウン・モデル」(主講師:城所哲夫)の2講座を制作する。

http://chihousousei-college.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。